Wednesday, November 1, 2017

仮説

不倫がネタになる。テレビやら雑誌やらを作って売ってる連中にとってカネになる。 そのためならば郵便でいえば「親展」みたいなものを暴露してもいい、ということになりつつある。

そしていまIoTが流行ってるし、そこで得られたビッグデータを処理しまくることができる。

「一銭を超える超えない」が基準になっている。

犯罪被疑者の取り調べにおいて、全面可視化の必要性が問われている。

といったあたりをふまえると、公人 (議員とか)の類は 自らの「デリケートゾーン」(医薬品用語)にセンサーをくっつけて収集したデータを公開。 「ほらね超えてないでしょ、一線」などとITによる逆貞操帯的アピールをするのではないか?

No comments:

Post a Comment